ブレゲの時計の正しいお手入れ方法について

定期的にブレゲのお手入れをすることでキレイな状態のまま買取店にもっていくことができます。
新品同様の状態であればあるほど高い金額でブレゲの買取をしてくれるでしょう。
しかし、お手入れをしなければ錆びやカビ、汚れがついたまま売らなければならなくなります。
汚れが目立つようなブレゲは高額買取ができなくなってしまうのでどれほどお手入れが大事になってくるのか実感できます。
正しいお手入れ方法を学び、自分が持っているブレゲのモデルに合わせたお手入れを定期的にしていくようにしましょう。
では、お手入れはどのようにすればいいのか詳しく説明していきたいと思います。

1.時計の説明書をきちんと読む

お手入れ方法は購入した時についてくる時計の説明書にきちんと書かれてあります。
まずは、その説明書きを確認してください。
そのモデルに合ったお手入れ方法が分かるはずです。
もし、説明書を読んでも分からない場合は、お客様専用のカスタマーセンターに問い合わせてみましょう。
一流の時計ブランドですから丁寧に細かく説明してくれます。
些細な疑問や不安なことがあればどんどん聞いてみた方がすぐ解決できますし、安心です。
電話せずに直接教えてもらいたいのであれば、購入したお店に尋ねてみるか、またはブレゲの正規店を訪れてお手入れ方法について尋ねてみてください。
実際に購入した時計をもっていくとお手入れを実際にみせえくれます。
ここの部分は繊細だからこのようにした方が良い、ここは柔らかい布を使って拭き取るだけでいい等、分かりやすく教えてくれるでしょう。
お手入れをする前にまずは、ついていた説明書をきちん読むことから始めてください。

2.影響しやすい「磁気」対策

あちこちに様々な磁気が存在していますが、腕時計は強い磁気に影響されやすい傾向があります。
磁気の影響で時間が狂ってしまったり、正常に機能しなくなってしまいます。
できるだけ強い磁気がある場所にブレゲを近づけないことが1番の対策方法です。
磁気が強い現場にはブレゲを持っていかないようにしましょう。
もし、誤って磁気に触れてしまったのであればサポートセンターに出さなければならないほど損傷することはないので安心してください。
腕時計についてしまった磁気を取り除くことができればすぐに正常に戻すことができます。
それでも取り除くことができない場合はサポートセンターに電話をして、ブレゲ正規の修理店へ出さなくてはなりません。
どちらにせよ、磁気が強い場所には持っていかないようにすることが1番です。

3.ブレゲの腕時計は4年に1度のメンテナンスが必要

腕時計のブランドによってメンテナンスの頻度は違います。
自分でできることは使った後に必ずお手入れしなければならないですが、ムーブメントやケースの中身といった繊細な部分はプロの職人の手による点検が必要です。
ブレゲの場合、メンテナンスの頻度は4年に1度を推奨しています。
4年に1度はサポートセンターに問い合わせをして、メンテナンスに出すようにしてください。
このメンテナンスをすることで正常に機能し続けることができ、長く愛用できるでしょう。
買取にも大きなポイントとなるので注意してください。
適切な頻度でメンテナンスに出しておくと買取業者も安心して買取することができます。
通常価格以上の価値をつけることができるのです。
4年に1度はメンテナンスに出し、他は自分で布とブラシを使い、ケアしていきましょう。