ブレゲのアンティーク時計との正しい付き合い方

ブレゲのアンティーク時計の扱いは難しい?

ブレゲのアンティーク時計を手に入れることは、機械式腕時計ファンであれば誰もが憧れるものです。

しかし、アンティーク時計は歴史のある時計だけに、管理やケア、扱い方に手間をかけなければならないところも多く、気軽にアクティブに使える現代の国産時計とは違います。

オーバーホールをして部品を交換するとなればお金がかかります。
小まめにぜんまいを巻くことや、状態を気にすることは、時間も労力もかかります。
放っておいても正確に時間を刻んでいてくれる現代の時計とは違います。

しかし、それだけの手間をかけるほどの魅力が、アンティーク時計にはあるのです。
何10年、100何年も前に作られた時計が今もなお動き、時を刻んでいるというのは、アンティーク時計でなければ味わえない感動です。

ブレゲのアンティーク時計の扱いが楽か面倒かで購入を決めるのではなく、長い時を刻んできた歴史ある時計を持ちたいかどうか、という視点でアンティーク時計を見るようにしてみましょう。

ブレゲのアンティーク時計はケアを楽しもう!

ブレゲのアンティーク時計と付き合っていくのであれば、ケアを楽しもうという気持ちで扱うことが大切です。

オーバーホールに出すことも、小まめに時間を合わせることも、湿気から守ることも、毎日定期的にぜんまいを巻いてあげることも、全てが楽しみの1つであるという気持ちで接することが、アンティーク時計との正しい付き合い方です。

楽しむ気持ちがなければ、ブレゲのアンティーク時計を持っていることのデメリットが強くなってしまいます。

アンティーク時計を持つには、ケアを楽しめる気持ちが大事だということを理解しておきましょう。

アンティーク時計を持つならここに注意!

ブレゲのアンティーク時計を維持していく時に必ず注意してもらいたいことがあります。
それは水と磁気です。

アンティーク時計は湿気の多い環境や磁気の影響にとても弱いですので、近づけないようにする必要があります。
もちろん、日常的に使う上で接する湿気や磁気は問題ありません。

しかし、雨の日や梅雨の湿気の多い日につけて出歩くことや、パソコンや携帯電話の隣に時計を一緒に置いておくなど、磁気の強い物と接するのは避けておきましょう。

そして、アンティーク時計は何10年、100年以上もの時を経てきた時計です。
ブレゲのアンティーク時計は手巻きの機械式時計が多いですので、毎日ぜんまいを巻いてあげる必要がありますが、ぜんまいはゆっくりと丁寧に巻いてあげることが大切です。

神経質になりすぎる必要はありませんが、安易に扱って良いものではありません。
この先も何10年と時を刻んでもらうためにも、大切に扱ってあげましょう。

ブレゲのアンティーク時計に欠かせないケア

アンティーク時計に限ったことではありませんが、機械式腕時計を長く大事に使っていこうと思ったら、定期的なケアを行ってあげることが大切です。

機械式腕時計のケアとは、オーバーホールです。
オーバーホールとは、時計をばらして中の部品1つ1つの掃除やメンテナンス、油を差す作業のことで、いわゆる時計の定期検査のようなものです。

ブレゲのアンティーク時計を維持していく上で、このオーバーホールに出すことはとても大切です。

オーバーホールを行うにはお金がかかりますが、小まめな定期検査を行っておくことで、部品の劣化を防ぐことにつながります。
そのため、結果的に維持費は安く抑えられるのです。

小まめなケアを怠ることで部品が劣化し、交換が必要になってしまえば、ばく大な費用がかかってしまいます。
特に、ブレゲのアンティーク時計は、部品が壊れたからといって、簡単に替えの部品が手に入るものではありません。

長く使い続けるためにも、アンティーク時計は小まめにメンテナンスしてあげましょう。

ブレゲ買取naviトップへ